私たちは困っている方たちを手伝う活動を行いました。多くの方たちは寒い中で暮らしていました。生活の事情で家に帰る事が出来なくなってしまいました。その為に食品を差し上げました。このボランティア活動によって多くの方たちが集まりました。

多くの人は拒む。一方多くの人は受け入れる。イエス様の祝宴を味わう人は幸いである。永遠の救い僕は帰ってきて、以上の事を主人に報告した。すると家の主人はおこって僕に言った、『いますぐに、町の大通りや小道へ行って、貧しい人、体の不自由な人、 目の見えない人、足の悪い人などを、ここへ連れてきなさい』。僕は言った、『ご主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席がございます』。主人が僕に 言った、『道やかきねのあたりに出て行って、この家がいっぱいになるように、人々を無理やりにひっぱってきなさい。あなたがたに言って置くが、招かれた人 で、わたしの晩餐にあずかる者はひとりもないであろう』」。ルカによる福音書 14:21-24

Siteeeejpg

Related post

Facebook

Return Top