昨今インターネットは急激に進化を遂( と) げています。そして便利な時代となりました。その反面見えてくるものがあります。では、スマートフォンに目をむけて見ましょう。スマートフォンには、電話、メールの機能だけではありません。インターネット、SNS,ゲーム、いろいろなアプリがあります。今や小学生でもスマートフォンを持つ時代となりました。そこで皆さんに質問です。皆さんは『携帯依存症』をご存知ですか?一度は耳にしたことがあるかと思います。携帯依存症とは四六時中、携帯電話を触っているひとです。そしてこの携帯依存症はインターネット中毒に陥っている人の脳の損傷状態は、アルコール中毒やヘロイン中毒患者と極めて似た状態だという研究もあります。Untitled-1

また、飲食店の待合でこのような風景を見かけます。携帯を触り家族との会話も無くひたすら携帯に集中しています。席についてまでも携帯電話を触ります。昨今コミュニケーション不足といわれる中…ふと疑問に思いました。いつ家族とのコミュニケーションをとるのでしょうか?このように思う方もいるでしょう。『家で、いつもコミュニケーションはとれてるから』と、はたしてそれは本当でしょうか?日頃から会話が出来てる家族は、どこに居ても会話ができます。なぜならいつも会話してるからです。コミュニケーションがとれているのです。もう皆さんわかりますね?常日頃出来ていないことは、どこに居ても出来ないのです。そしてこの家族の子供は親の真似( まね) をします。そして世の中に出てもコミュニケーションがとれなくなりメールや、LINE、Feceb ookなどでは、沢山の会話が出来るのに…いざ対面すると会話が出来ないのです。今一度、私たちにとってコミュニケーションとはなんなのか?今一度考えて欲しいのです。Siteeeejpg

Related post

Facebook

Return Top