犠牲を話すときに、その犠牲で行った素晴らしい事々を言わないといけない...

信仰と行動で想像すること

犠牲を話すときに、その犠牲で行った素晴らしい事々を言わないといけない。なぜなら、素晴らしい事々は安くない。例え、支払う代価が高くても信じる者には可能です。神様はアブラハムに星を見せたのは、当時では自然が神様の力と素晴らしさを参照していたからです。星だけでなく、自然全体的に参照します。現在では、神様の力や素晴らしさを参照できる物や事は、広くて豪華な家を持つこと、何台もの車を持つこと、自分の会社を持つこと、大金持ちになること、幸せな家族を持つこと、健康と恋愛関係に良く行くこと。マセド監督の言ったように、アブラハムは大空の星を何回か見て素晴らしいと思った事はあったが、あの数えられないほどの星が自分の未来の子孫になることを浮かばなかった。そのように見て、考えることが出来なかった。神様がアブラハムに星を見せたように、今日神様はあなたに見せている。

例えば...あなたが毎日前を通る車販売店の一番豪華な車。一番高い豪邸‐多分あなたは、そこで働いたことがあったかもしれない。一番良い銀行預金 口座を持つこと-あなたは多分この前を通ったことがあるかもしれない。それともそこで働いたこともあったかもしれない。そして、もしあなたが誰かにそれが 実になることが出来ると、あなたはこのような信仰を持っているが誰かに言ったら馬鹿にされる可能性があります。マセド監督でさえ、37年前に世界中で御言葉を伝えると言ったときに信用されなかったです。もし、その当時に彼が今日のユニバーサル・キリスト教会 の状況を人々に言ったら、人々の考えはどうだったかと思いますか?絶対に精神病棟に居られれたはずです。でも、彼は信じられないことに信仰を持っていた。聖書では、アブラハムを見るようにと書いてあります。でも、今日、私たちはマセド監督を見て尊敬することができます。この二人の話は、似たようです。神様から呼ばれたときには、ただの夢を持った男だった。

要するに:

それで、死んだも同様の一人の人から空の星のように、また海辺の数えきれない砂のように、多くの子孫が生まれたのです。ヘブライ人への手紙 11章 12節

夢を持つことは、大事です。その夢を叶うために信仰によって行動すると、その夢は叶います。

Related post

Facebook

Return Top