ソロモン神殿に伴い、今までに無いイスラエルキャンペーンがおこなわれ、沢山の方々が、『犠牲』をされ、その『犠牲』には痛みが伴いました。では、犠牲とは、何なのか? 今回沢山の方が、車、家を売ったり、お金を犠牲にしました。しかし、お金だけが犠牲では、ありません。例えば、Aさんが、Bさんのことを、憎み許すことが出来ていないのなら、Bさんのことを許さなければならない。そして、この許すことも犠牲になるのです。聖書には、犠牲の捧げ物をした時に何度か天から炎が降ってきたと記されています。炎は、何をさしているのか?それは、『祝福した人生を与える』ことを示しています。ソロモン神殿でのイスラエルキャンペーンで犠牲をされた方は、あなたの人生で神様からの答えを見ることになるでしょう。また、私達はキャンペーンだけに犠牲をするわけではありません。日常生活においても犠牲をします。例えば、光と闇があります。

光は、真実、正義、平和、平安、幸せ…を表します。

闇は、虚偽、不義、戦争、不幸せ…を表します。

あなたは、光、闇のどちらを歩いてますか?

今は、闇にいるけど…変わりたい。光を歩みたいと思っているのなら、あなたは、闇から離れなければいけない。『えー友達いなくなっちゃう』という方もいるでしょう。あなたは誰の人生を生きていますか?友達の人生ですか?いいえ、違います。自分自身の人生を生きています。ですから、自分自身の変わりたいという気持ちに従い、あなたは闇から離れる事を決断しなければいけない。これもまた、『犠牲』なのです。私達人間にとって本当のこと(真実)を言う事は、一番難しいことです。たとえ、友達や家族を傷つけたとしても、光を歩かなければいけないのです。素直になり、本当の事を言うこと。これが、クリスチャンの生き方である。また、私達1人1人が、自分をつくられた神様を知らないといけない。どの様にして知るのか?それは、『犠牲』です。自分自身の欲望ではなく、神様に従うことで神様と出会う事が出来る。神様と出会う前と出会った後の違いは、例えば、あなたが神様と出会う前に会社経営をしていたが、上手くいかなっかた。平和もなく、不幸せだった。しかし、神様に出会い共にいるのなら、会社経営をしても全て上手くいき、そして平和があり幸せがあります。ですから、私達は、常日頃から犠牲をしなければいけません。許すこと、自分自身の欲を小さくすること、闇から離れること…神様と出会う為に。そして、最後にこのメッセージを、心に刻んでください。『救いを手に入れる事は難しいが、救いを無くすことは簡単である』

マルセロ牧師

SiteeeejpgTokyoujpg

 

 

 

 

Related post

Facebook

Return Top