悲しみという気持ちは悪いものですが一時的です。一方、うつ病は違って人間の気持ちを落ち込ませ、前まであった喜びを失わせてしまう。何をしても喜びを実感できないようにしてしまう。世界保健機関(WHO)によると、世界人口の20%近くは人生の中で一度は、うつ病になったことがあるとされています。専門家は2020年後には死亡理由の第2位となり、仕事を休む第1位の理由になるとされています。世間に自分がついていけてないからうつ病になる恐れがあると医学は言う。交通渋滞により溜まってしまったストレス、仕事上での競い、日頃の責任、楽しむ時間がないなどの状態が続き、うつ病になってしまう人もいます。

医学には限界がある

樋口・エウニセ医師は自分自身に、このような問題がありました。わたしは自分の感情の奴隷のようでした。悲しみ、苦痛などで苦しみ、問題は解決できと思っていました。8-27
この世では心、すなわち感情にしたがって生きて行くことを覚えます。「心の感じたことをすればよい」「その時に感じたことをすればいい」と必ず人は言う。それを聞いた私も感情で生きていた。沢山の方法で助けを求めました。うつ病が癒される為にどんな事もしたがどれも無駄だった。セラピーに通ったり、精神安定剤を飲んだりしていました。心理療法は感情を使うので効果はありませんでした。しかし、人間がイエスとの出会いがあると神と強いつながりを持ち、カウンセリングがなくても気分は常に安定しています。医師として私は医学には限界があると言いきれます。4年間に渡り私は、専門家に言われたことを全てしました。しかし、治ることはなかった。しかし、牧師がラジオ番組でお祈りをした。時、そのお祈りは心に残りました。住所をメモしてユニバーサルライフセンターに行きました。そして、その日から泣くのをやめました。そして、いまではうつ病が癒され自由に生きています。うつ病、悲しみ不安、家族に愛がないなどの問題は、神様が共にいる時に乗り越えられます。しかし、神が共にいてくれるためには求める事が必要です。だから、ユニバーサルライフセンターの集会に参加をしてその神様の助けを求めてください。

SiteeeejpgTokyoujpg

Related post

Facebook

Return Top