自分の人生を自分で自害する場面、例えば、ビルの上から自分の身を投げ出すことや自動車の前に飛び出すことや自分の頭に銃を突きつけて自殺する人、このようなことを見るとなぜ、自分にそんな悪いことをする勇気があるのかと思います。答えは、外見的には解決不能な問題がある時です。例えば、借金、最愛なる人を亡くしたとき、浮気などです。イエスが陸に上がられると、この町の者で、悪霊に取りつかれている男がやって来た。この男は長い間、衣服を身に着けず、家に住まないで墓場を住まいとしていた。ルカによる福音書 / 8章 27節

聖なる書物を読んでいると、人が自分の命を取る勇気を与えるのは悪魔だと気づきます。悪魔は上記で読んでいただけたような状況を利用します。

ゲラサの男はそうでした。墓場で暮らしていたのは安らぎを求めていたからです。彼は服を身に付けることはなかった。なぜなら、苦しみは大きくて自分自身の服すら耐えることができなかった。家に住むことはなく、道をさまよい歩いていました。多くの人も同じように生きるのでは?もしくは、このメッセージを読んでいる者は多分、今の状況では?

イエスが、汚れた霊に男から出るように命じられたからである。この人は何回も汚れた霊に取りつかれたので、鎖でつながれ、足枷をはめられて監視されていたが、それを引きちぎっては、悪霊によって荒れ野へと駆り立てられていた。ルカによる福音書 / 8章 29節

彼の体にいた悪の数はすごく多く、あの人を苦しめていました。取り憑かれると彼の力は増し牢屋や鎖を粉々することが出来たぐらいです。その悪霊たちはイエスの命令であの男のから出て豚を攻撃をしました。悪に取り付かれた豚が苦痛になった事に注目をしてください。悪霊どもはその人から出て、豚の中に入った。すると、豚の群れは崖を下って湖になだれ込み、おぼれ死んだ。ルカによる福音書 / 8章 33節

今はやっとなぜ、人が生きるのを諦めるのが分かります。自殺をする者は悪魔が引き起こした苦痛を終わらせたいから自殺をしてしまいます。だから、主イエスの愛と恵みを知る私たちは、決して善を行うのを止めてはなりません。

このような人に新たな地平線を見させその人の魂のため地上に居る最後の数秒まで戦うことです。魂を勝ち取る者になってください。あなたの住む、職場、学校、間違いなく自殺を考えているか考えた人がいるはずです。神はあなたを通してのそ災難を阻止指定です。

 

神が祝福をしますように!

悪い考えから解放するためには是非金曜日 夜20時から!

詳しくは:053-455-0128 /  080-3219-4360

Related post

Facebook

Return Top