神様に呼ばれ、故郷を離れる事になったアブラハムの心境は、新しい事を覚えようとしている少年ではなく、また冒険を望む若者でもありませんでした。なぜなら、当時のアブラハムは、すでに75歳だったからです。アブラハムが歳を重ねたのち主はアブラハムにこのような言葉を与えお呼びになった。

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい。」

                                                                                    創世記 12章1節

との時、アブラハムは親戚と硬い絆で結ばれていました。歳を重ねていたせいもあり、もう新しいは起きたいと誰もが思っていた。しかし、神様はアブラハムに現れこのような約束をした。

わたしはあなたを大いなる国民にしあなたを祝福しあなたの名を高める祝福の源となるように。あなたを祝福する人をわたしは祝福しあなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべてあなたによって祝福に入る。」創世記/ 12章 2節3節

この約束を受けたアブラハムは自分の貧弱さを知った。

アブラハムは歳を重ねていましたが、自分は貧弱であり、宗教的な考えや伝統をやっていましたが人生には影響する事もなく縛られていた事に気づきました。こうして、神様に呼ばれた彼は、神様の言う事を拒まず、行先も見出さないままで故郷を出ました。この時のアブラハムは、神様に人生を預けていてとりあえず神様の言う事に従いました。

信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。 ヘブライ人への手紙/ 11章 08節

今でも、神様は人々は貧弱な人生を変え、導こうとしています。こうして、行き着く先は恵みに満ちた人生です。そのためには、昔と同じように、神様の声に従わねばなりません。神様がアブラハムにした約束は私たちの人生でもなし得たのです。もし、あなたもアブラハムの子になりたいのなら、感情を抑え、神様に従う事をしなければなりません。アブラハムが故郷を離れる事になった時、間違いなく彼の両親は彼の行先を知りたかったでしょう。それでもアブラハムは信仰が邪魔されないため故郷を出ました。感情により邪魔になる縁をすべて断ち切ったのです。

アブラハムのようであれ…

神様の声に従って神様があなたに言う事をして、

感情は信仰の邪魔をして信仰を減少させるからです。

jpg

 

Related post

Facebook

Return Top