さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。ヘブル人への手紙11章 1節

信仰は、信じる者を自由にする神様の権威であり、同様に疑いは、信じない者を奴隷にする悪の権威である。だから信仰を使う時、人生が充実する。人生を生きてく上で信仰の障害となる霊的な問題があります。
不眠症、恐怖、緊張、抑うつ、依存症、不安、偏頭痛、自殺願望、コンプレックス、感情的な障害。そして不安は行動に対する精神的な症状です。

どれくらいの良い出来事が不確実によって無駄になりましたか?
どれくらいの裏切りを理由に結婚が破壊されていますか?
どれくらいの疑いを勝手に決めつけ非劇が起きましたか?
唯一信仰を使うことによって毎日の疑いによる致命的な行動を中和します。信仰を使うことは宗教と何も関係ありません。信仰は、あらゆる悪の行動に対し使用されるべき神様の権威です。信仰には、不確実、不安、トラウマ、弱さはありません。最初にあなたが辿り着きたい場所に対して絶対的な確信がある。

しかし…疑いながら生きていく人は感だけに頼っている。悪い事があなたの人生に起きてしまう。感と運は同じ事です。それに頼り生きていく人は自分の将来はない。失敗だけを起きてしまう。その目的は恐れ、破壊、死です。信仰があるなら今からあなたは変わります。そして未来の計画を建てます。悪魔に勝つための神様の権威です。しかし実行しなければなりません。

《人生の土台は信仰です。悪の働きから確実に私たちを守ります。》

jpg

Related post

Facebook

Return Top