ある人々は、正しい良心を捨てたため、信仰の破船に会った。テモテへの第一の手紙 1章 19節

固い信仰を望んでいるなら良い考えがないといけない。そのため、感情を犠牲にする。感情は神様と無関係である。失敗が悪い考えを作る。悪い考えが負荷を作る。負荷は疑いを作り出す。疑いが信仰を弱くする。したがって、壊れるのは時間の問題である。悪い考えを手放す時、直ぐに確信を持つ事ができる。良い考えは平和をもたらします。魂の救いは、考えを綺麗にする時、私たちの理解力を超え平和を保つ事ができる。平和は安らかな睡眠を可能にする。平和は、問題や苦難が来た時、私たちを助ける。だから、それらを保つ為に努力しないといけない。


パウロ使徒が行ったことは:わたしはまた、神に対しまた人に対して、良心を責められることのないように、常に努めています。 使徒行伝24章 16節

《常にしっかりと維持するために、神様の前で綺麗な良い考えを保ちます。

jpg

Related post

Facebook

記事

Return Top