神様の御霊が誰かに宿るとき、彼らは神様の性格持っているので、そうでない人 たちよりも自然に目立ちます。

ノア、ダニエル、そしてヨブは目立つ僕でした。

例えば、ノアのすべての物語は、「その世代の中で、ノアは神に従う無垢な人で あった。ノアは神と共に歩んだ。」という一節にまとめられています。創世記 6: 9

ヨブも変わりませんでした。「ウツの地にヨブという人がいた。無垢な正しい人 で、神を畏れ、悪を避けて生きていた。」ヨブ記/ 1 章 1 節

そして、ダニエルがバビロンで捕虜にされていたなかでも「ダニエルは王の食物 と、王の飲む酒とをもって、自分を汚すまいと、心に思い定めたので…」ダニエ ル書/ 1 章 8 節 つまり、彼が王の食物で自分自身を汚すことを拒否したなら、他の罪 に関しても同じことをするでしょう。

神様の性格は以下のように要約できます。
1. 正直でまっすぐな人 ‒ 他の人との関係
2. 神様を恐れる ‒ 神様との関係
3. 悪いことから遠ざかる ‒ 世界との関係

これらの範囲内で住む人々はこの世で生き残り、永遠の命を得るでしょう。

《その他にも読む》

Related post

Facebook

記事

Return Top