2017年度の交通事故発生件数 472,069件(負傷者数 579,746人、死亡者数 3,694人)また2017の1月〜11月までの粗暴犯 (傷害、暴行、恐喝など)は、55,266件となっています。前年と比べれば減っていますが決して少ない数ではありません。(警察庁資料参考)

年が明けても人々は絶望的な恐れ、危険、多くの悲劇に直面しています。その中で1つの質問があります。 

悪い攻撃から自分を守る方法とはなんですか? 

 その守りを与えらる場所は、いと高き神の避けどころです。神の守りの下にいる者に悪いことは起きません。これは、聖書が詩篇の91:1~4の中で述べていることです。 

 いと高き者のもとにある/隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は主に言うであろう、「わが避け所、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。 主はあなたをかりゅうどのわなと、恐ろしい疫病から助け出されるからである。 主はその羽をもって、あなたをおおわれる。あなたはその翼の下に避け所を得るであろう。そのまことは大盾、また小盾である。

いと高き神の避けどころに行くには? 

 救いを守り、いと高き者のもとにある隠れ場に住み、また全能者の影に宿るためには、ただ1つの方法しかありません。 

それは、『人生の全てを祭壇の上に置く』ことです。 

 人がこれを行う時、恐れが何であれ、人生が祭壇にある限り、全ての悪いことから解放され、安全です。 

 しかしながら、いと高き神の避けどころの下にいない者は、この世界で病気にさらされています。とマセド監督牧師のブログで警告しました。 

 1月1日から信仰の目的:祈りの連鎖が始まりました。これは4月1日まで続きます。いと高き神の避けどころの下で91日間の守りを受け、2018年が勝利の年となるでしょう。 


浜松市中区龍禅寺町622 / ☎︎ 080-3219-4360

お近くのユニバーサルへ http://shiawasejp.com/?page_id=808

Related post

Facebook

Return Top