アメリカ・ニューヨーク州コロンビア大学研究部は憎しみの裏側にある秘密を明らかにするため何年前から調べています、なぜならばこの気持ちは医学や精神科学にとって奥深いものではっきりさせるのは難しい。

今まで調べた結果としては多くの病気のほとんどは治療があるけど、今のところは憎しみを治療する効果的なものはまだ見つかりませんでした。

「憎しみは人間の中から外へ害を起こす、多くは治すことが出来ない場合があります。それが起きる原因はまだ不明です。」研究者が述べる。

コロンビア大学の研究者が言うには、心理的な感情は体内の免疫を低下させる物質を発生することがあります。

最近、精神神経免疫学(脳、行動、免疫系の相互作用を研究する精神神経医学、心身医学の一分野である)では、上記の論理を実際に調べた結果としては、精神的な状態から影響する人の行動は体内で重大な変化を及ぼすことが可能である。



このように単なるな扁桃腺炎、下痢、頭痛は不安定な感情から直接繋がっているかもしれません特に憎しみの場合。
これのほかにも重症なものも医学的に「身体化障害」という。おそらく原因は感情から来るさまざまな身体症状によって表されたものです。

この論理からみると、がん、気管支炎、喘息、拒食症、高血圧や冠状動脈から発生する病気が感情によって「身体化」したものだと分かります。腫瘍は長年間抱えてきた、解消されていない憎しみによって表したものだということも出来ます。


簡単に言うと、研究者らは分かりやすく説明します、全ての感情や気持ちは体に影響をされないように理解する必要があります。そうしないと、解消してない悲しみ等のような感情は体に助けを求めるサインとしては病気を発生させる。「体は話さないから注目させるために病気を発生させて、行動を変えるように指示を出しています。」と最後に述べます。

Related post

Facebook

Return Top